×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

からだ回復整体いいづか
住所 福岡県飯塚市西徳前9−20
電話 0948−29−6446
Mail seitai51@yahoo.co.jp
代表 中 川 芳 規

スタッフの紹介です

からだ回復整体いいづかのスタッフ紹介のページです。
私たちがみなさまの回復のお手伝いをさせていただきます。

左:中川芳規 右:中川真佐美

院 長

名 前     中川 芳規 (なかがわ よしき)
年 齢     56歳
趣 味     山登り   スポージムで汗を流すこと

「 山 登 り 」 

20代の半ばから、30代の半ばまでは、九州の山や屋久島などだけではなく、四国の石鎚山や中国地方の大山、北アルプスの剣岳、穂高岳、 槍ヶ岳、白馬岳、そして中央アルプスの八ヶ岳や富士山などにも連休を使ってよく登っていました。

50代に入ってからは、もっぱら地元の福知山(標高900m)や 英彦山(標高1200m)に登っています。

「 スポーツジムで汗を流すこと 」

はじめてから8年、今も続けています。最初は、少しぐらい動いても 動悸や息切れが起きないようにと、心肺機能の強化を中心に持久力の 強化に努めました。

3年が過ぎた頃には、もう最初の頃とは比べ物にならないぐらい健康 なからだになっていました。毎週のように登っていた地元の福知山にも、 ほとんど息を切らすことなく、サクサク登れるようになっていました。
今は、筋力トレーニングを中心に行っています。

一番うれしかったこと 

この療法の最大の特徴は、不調者への「思いやりの心」です。
施術はまったく痛みを与えません。

人のいのちを司る脳幹の機能「外部 刺激に対する反射機能」を活用して、不調者の自然治癒力を最大限に引き 出す療法です。

単に、からだの不調や痛みを取るだけではなく、その原因となった 間違ったからだの使い方や日常生活での偏った姿勢(からだの癖)などを 改めるための指導や、からだを健康に維持するための自己療法を積極的に 指導しています。

その効果を確かめる中で、本当にこの療法に惚れこみました。

スタッフ

名前   中川 真佐美 (なかがわ まさみ)
年齢  ないしょですww(笑)

こんにちは!
受付と、院長の助手をいたします中川真佐美です。
この治療法を知るまで、肩が凝ったら叩くもの、揉むものと思っていました。
しかし「人類のいちばん最初の癒しはおそらく、優しく撫でること(=手当て)だった」
と院長から聞き、目から鱗でした。
“回復整体”の技術が普及して、日本の医療が変わることを心から期待しています

趣 味

たくさんあります。お菓子を作るのが(食べるのも)好きで、和菓子、洋菓子何でもできます。
ハングルを勉強しています。数年前、ソウルに一人で行きました。
スポーツでは、特別に得意なものはありませんが、自宅(田川)から治療院まで自転 車で往復したことがあります。できるだけからだを動かすようにしています。
そのせいか、骨密度は20代をキープしています。

最近うれしかったこと

治療院を作って、大勢の人に出会えたこと。

最近悲しかったこと

娘よりかわいがっていた13歳のラブらドールが死んだこと。

院長を助けてがんばります。よろしくお願いします。